忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【ファルコンS】(中京)~エーシンホワイティがハナ差を制して重賞勝ち
中京11RのファルコンS(3歳GIII・芝1200m)は、4番人気エーシンホワイティ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7。ハナ差の2着に10番人気トシギャングスターが、3/4馬身差の3着に5番人気サリエルがそれぞれ入線。

エーシンホワイティは栗東・松元茂樹厩舎の3歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母ライジングサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝となった。






レース後のコメント
1着 エーシンホワイティ 北村友一騎手
「休み明けでも、追い切りの動きが1週ごとによくなっていたので、期待していました。前が速くなるのはわかっていたので、あまり後ろすぎない位置でじっくりと行きました。外枠だったし、馬場のいいところを選んで、最後はよく伸びてくれました」

2着 トシギャングスター 浜中俊騎手
「ダートも走る馬だし、馬場が多少悪くても平気だと思っていた。内を狙って、その通りに伸びてくれて、一発あると思ったんだけど……。残念です」

3着 サリエル 川島信二騎手
「忙しい競馬よりも終いを生かす競馬を心がけて、最後もしっかり伸びてくれました」

9着 ジュエルオブナイル 蛯名正義騎手
「普通の競馬をしすぎてしまいました。ペースも速かったし、4コーナーで一杯になってしまいました。馬場もボコボコでしたからね。もっと思い切って後ろから行く競馬もあったのですが……」

PR




【中京記念】(中京)~シャドウゲイトが約2年10ヶ月ぶりの重賞V
中京11Rの中京記念(4歳以上GIII・芝2000m)は、4番人気シャドウゲイト(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒2。1馬身1/4差の2着に12番人気タスカータソルテが、クビ差の3着に15番人気ホッコーパドゥシャがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 シャドウゲイト 田中勝春騎手
「今日の条件なら実力的にこのメンバーでは上だと思っていましたし、普通にレースをすればいいと考えていました。位置取りも流れも思った通り。楽に走らせて早め早めに動くというレースができました。馬場も味方しましたね」

加藤征弘調教師のコメント
「今日はこの馬の力を十分に出してくれました。この先は選ばれれば、シンガポールのレースに向かいたいですね」

2着 タスカータソルテ 松田大作騎手
「気性に難しいところのある馬ですが、スムーズに走れれば実力的にこれぐらいは走るということだと思います」

3着 ホッコーパドゥシャ 鮫島良太騎手
「内を突いたのは正解でした。馬場も苦にしませんでしたし、少しモタつくところはありましたが、最後はよく伸びてくれました。復調気配ですね」

4着 サンライズベガ 池添謙一騎手
「折り合って走ってくれて、3コーナーから前をつかまえに行ったんですが、なかなか差が詰まりませんでした。でも、最後まで脚は止まらずしっかり走ってくれました」

5着 リトルアマポーラ 中舘英二騎手
「内枠だったので外に出さず、内を走らせたんですが、ノメりながらも歯を食いしばって走ってくれました。できれば、いい馬場でやらせてあげたかったですね」

6着 ナリタクリスタル 武豊騎手
「一歩目で躓く感じになったのはもったいなかったですね。少し下を気にしていた面もありましたが、よく頑張っています」


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース