忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【中山グランドJ】(中山)~伏兵メルシーモンサンが大金星
中山11Rの中山グランドジャンプ(障害4歳以上GI・芝4250m)は、8番人気メルシーモンサン(高野容輔騎手)が勝利した。勝ちタイムは5分03秒5。クビ差の2着に5番人気オープンガーデンが、2馬身差の3着に2番人気トーワベガがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 メルシーモンサン 高野容輔騎手
「速い脚、切れる脚はない馬ですが、スタミナだけは負けないと思っていました。今日のような馬場もよかったと思うし、最後もどうかと思いましたが、よく頑張って伸びてくれました」

2着 オープンガーデン 江田勇亮騎手
「(この負けは)何とも言いようがありません。位置取りもよく、前回に久々を使って、リズムよく走っていたんですが……」

3着 トーワベガ 北沢伸也騎手
「馬場が悪すぎでした。最初のバンケットの下りで馬が自信をなくしてしまって、それでも向正面から強引に追っつけて行って、最終障害を飛んでからはまた伸びてくれました。こんな馬場でなければ、と思うと残念です」

4着 ドールリヴィエール 黒岩悠騎手
「去年よりついて行けたし、いい位置でレースはできたんですが……。頑張っているんですけど、良馬場の方がいい馬ですから、悔しいですね」

5着 トウカイポリシー 浜野谷憲尚騎手
「飛越は抜群でした。背負っている分、出たなりで位置取りは思ったより後ろになりましたが、勝ち馬とそれほど差のないところまで来ていますから、力をつけていますね」


PR




【日経賞】(中山)~マイネルキッツが久々の美酒
中山11Rの日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は、6番人気マイネルキッツ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒1。3/4馬身差の2着に4番人気エアシェイディが、アタマ差の3着に7番人気トーセンクラウンがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 マイネルキッツ 松岡正海騎手
「具合がすごくよくて、きっと走ってくれると思っていました。道中の手応えがよく、力のあるところを見せてくれました。調子と展開がマッチしました。次は天皇賞(春)なので、去年と同じく勝てるように頑張ります」

2着 エアシェイディ 戸崎圭太騎手
「休み明けでも仕上がっていました。乗りやすい馬です。今日は馬場のいいところを選んで外を回りました」

3着 トーセンクラウン 江田照男騎手
「前にカベを作りたかったのですが、内に入れることができませんでした。距離は問題ありません」

5着 トリビュートソング 勝浦正樹騎手
「落ち着きすぎていて、フワフワしていました。ゲートを出て進んでいかなかったので、じっくり構えました。エアシェイディがまくっていったので、その後ろにつけて行き、展開としてはよかったのですが、最後は止まってしまいました。ようやく馬がよくなってきたところで、いきなりGIIで5着なら、力は見せられたと思います。これからの馬ですよ」






【スプリングS(GII)】(中山)~アリゼオ 逃げ切って重賞初V
中山11Rの皐月賞トライアル(3着まで優先出走権)、第59回スプリングステークス(GII、3歳、芝1800m)は、先手を奪った2番人気アリゼオ(横山典弘騎手)が10番人気ゲシュタルトに1馬身差をつけて優勝。勝ちタイムは1分48秒2(良)。1番人気ローズキングダムはさらにアタマ差で3着に敗れた。

アリゼオは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母スクエアアウェイ(母の父フジキセキ)。通算成績は4戦3勝となった。






~レース後のコメント~
1着 アリゼオ(横山典騎手)
「気をつけていたのですが、出負けしてしまいました。その後は二の脚が速くていい感じで行けました。ただ、馬を気にするところがあるので、馬を横に並べないように気をつけました。今日は初めての騎乗でしたが、難しそうなところもあるので馬のリズムを守って乗りました」

2着 ゲシュタルト(勝浦騎手)
「返し馬の時からいい感触を持っていましたが、その通りに走ってくれました。無理なくいい位置から、終いしっかりと伸びてくれました。一瞬勝つのではと思うほどの手応えでしたね」

3着 ローズキングダム(小牧騎手)
「スタートも良かったし、位置取りも良く、ソツのない競馬が出来ました。最後は差せるかと思いましたが、久々の分でしょうか。1度使われて次にリベンジしますよ」

4着 サンライズプリンス(北村友騎手)
「ゲートの中でソワソワして躓き気味のスタートになりました。それでも最後はよく伸びています」

5着 バシレウス(蛯名騎手)
「流れにも乗れましたし、頑張ってますよ。現時点での力は出せたと思います。遅生まれで、これから良くなります」






【フラワーC】(中山)~オウケンサクラが初重賞V
中山11Rのフラワーカップ(3歳GIII・牝馬・芝1800m)は、3番人気オウケンサクラ(後藤浩輝騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒3。1馬身1/4差の2着に4番人気コスモネモシンが、1馬身半差の3着に1番人気サンテミリオンがそれぞれ入線。

オウケンサクラは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牝馬で、父バゴ、母ランフォザドリーム(母の父リアルシヤダイ)。通算成績は6戦3勝となった。






レース後のコメント
1着 オウケンサクラ 後藤浩輝騎手
「スタートを決めた時点で、上位に来れそうな手応えがありましたが、予想以上に強かったですね。行きたい馬を行かせて、馬のリズムだけを考えて乗りました。直線も思った以上の伸び脚でした」

2着 コスモネモシン 石橋脩騎手
「差せると思ったのですが、前が止まりませんでしたね」

3着 サンテミリオン 横山典弘騎手
「よく頑張っています。2戦ともに楽な競馬でしたからね」

4着 ベストクルーズ 吉田豊騎手
「もう少しいい枠ならよかったです。タメていけるし、そうすれば最後も弾けますから。楽しみな馬ですよ」



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース