忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【新潟大賞典(GIII)】(新潟)~ゴールデンダリアが6歳にして待望の重賞初制覇

新潟11Rの新潟大賞典(GIII、4歳上オープン、ハンデ、芝2000m)は2番人気ゴールデンダリア(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒7(良)。1馬身差の2着に3番人気セイクリッドバレーが、3/4馬身差の3着に6番人気ニホンピロレガーロがそれぞれ入線。




レース後のコメント

1着 ゴールデンダリア 柴田善臣騎手
「ここ2週調教に乗って馬の状態の良さを掴んでいたので、今日は自信を持って乗りました。この馬自身のペースを乱さず走れば、終いは良い脚を使ってくれると思っていました。直線に入っての手応えはばっちりでしたが、抜け出すとフラフラしていました。その点が変わってくればさらに走るでしょうから、この先も楽しみな馬ですよ。新潟は大好きなところで、夏にまた来た時に活躍できるようにこれからも頑張りたいですね」

2着 セイクリッドバレー 三浦皇成騎手
「勝ち馬の位置で競馬をしたかったです。直線では近づいたらまた離されてしまいました。向こうは遊びながら走っている感じなのに強いですね」

3着 ニホンピロレガーロ 酒井学騎手
「内枠でしたが、途中から外へ出すというレースは去年と同じでした。3コーナーでフワッとするのはいつものことですし、地力のあるところを見せてくれました」

5着 デストラメンテ 丹内祐次騎手
「手応えの割にジワジワ伸びました。よく頑張っていますよ。もっと暑くなってきたらさらに調子が上がる馬だと思います」

8着 トリビュートソング C.ウィリアムズ騎手
「固い馬場を気にして走っていたようです」


PR


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース