忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【フローラS(GII)】(東京)~人気のサンテミリオン 期待に応えて快勝
東京11Rのオークストライアル(3着まで優先出走権)、第45回フローラステークス(GII、3歳牝馬、芝2000m)は、好位につけた1番人気サンテミリオン(横山典弘騎手)が逃げ粘るアグネスワルツとの直線の追い比べを制して優勝。勝ちタイムは2分0秒2(良)。1馬身差2着に逃げた4番人気アグネスワルツ、さらに1馬身3/4差で3着に好位でレースを運んだ2番人気ブルーミングアレーが入り、上記3頭がオークスの優先出走権を獲得。




~レース後のコメント~
1着 サンテミリオン(横山典騎手)
「強かったです。(4戦目で重賞を勝ったのは)お父さんそっくりだね。内でアグネスワルツが粘っていましたが、それを交わすのに少し苦労しました。2400mは気にしていません。前回はピリピリしていたが、攻め馬を控えたせいか、今日は落ち着いていました」

2着 アグネスワルツ(柴田善騎手)
「勝った馬に道中マークされましたね。でも久々でしたが、息遣いも良く、中々いい根性を持っています」

3着 ブルーミングアレー(松岡騎手)
「4コーナーではいい形でしめしめと思ったほどでしたが、直線では伸びてくれなくて焦りました。今日は気分良く行き過ぎたかもしれませんし、これで次の本番での乗り方が決まりました。僕がまた乗せてもらえたら、ですがね」

4着 アマファソン(鮫島騎手)
「直線に向いた時は前の馬を交わせるかなと思いましたが、最後はジリっぽくなって、ブルーミングアレーに並んだら脚色が同じになってしまいました。でもまだ力をつけきっていない現状でこれだけ走るんですから、今後にまた期待したいです」

6着 マシュケナーダ(福永騎手)
「スローの瞬発力勝負はいいかなと思いましたが、まぁ、まだこれからです。次はまた仕切り直しですね」

7着 ベストクルーズ(田中勝騎手)
「スタートは良かったのに、道中一番悪いポジションに入ってしまいました。最後も止まっていないだけに残念です」


PR




【共同通信杯(GIII)】(東京)~ハンソデバンド 3連勝で重賞初V

東京11Rの第44回共同通信杯(GIII、3歳、芝1800m)は、3番人気ハンソデバンド(蛯名正義騎手)が道中2番手から直線早めに抜け出し、ゴール前外から脚を伸ばしたダノンシャンティの追い上げをハナ差退けて優勝。勝ちタイムは1分48秒2(良)。2着に2番人気ダノンシャンティ、さらにクビ差で3着に1番人気アリゼオが入った。






【根岸S(GIII)】(東京)~伏兵グロリアスノアが制す

東京11Rの第24回根岸ステークス(GIII、4歳上、ダート1400m)は昨年9月以来の実戦となった11番人気グロリアスノア(小林慎一郎騎手)が中団追走から直線抜け出して重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分23秒7(良)。1馬身1/4差2着に道中2番手につけた1番人気サマーウインド、さらにハナ差で3着に後方から脚を伸ばした4番人気オーロマイスターが入った。





【東京新聞杯】(東京)~レッドスパーダが初重賞V

東京11Rの東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は、2番人気レッドスパーダ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒1。1馬身半差の2着に1番人気トライアンフマーチが、ハナ差の3着に6番人気エーシンフォワードがそれぞれ入線。






カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース