忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【桜花賞】(阪神)~2歳女王アパパネが桜花賞を制し、GI2勝目
阪神10Rの桜花賞(3歳GI・牝馬・芝1600m)は、1番人気アパパネ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3。半馬身差の2着に3番人気オウケンサクラが、クビ差の3着に11番人気エーシンリターンズがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 アパパネ 蛯名正義騎手
「ゴール前はヒヤヒヤしました。最後は内外はなれていましたが、頑張ってくれました。前のレースもタイムが速かったですし、この馬場状態ならある程度いい位置で流れに乗らないと、と思っていました。その通り好位から理想的な競馬ができました。前哨戦で2着に負けていましたし、今日はチャレンジャーの気持ちで乗りました。(9回目の挑戦で桜花賞初制覇について)ずっと欲しかったタイトルですし、本当に嬉しいですね。とても素直な馬ですし、これからも活躍していって欲しいと思います。これからもチャンピオンとして新しい目標に向かって頑張りたいですね」

2着 オウケンサクラ 安藤勝己騎手
「スタートが上手いので、ハナに行く形になりました。前のレースを見ていて、バテないタイプと思っていました。いい流れでしたが、渋いタイプで切れない分、差されてしまいました。勝ち馬も上手く乗っていましたね」

3着 エーシンリターンズ 福永祐一騎手
「できれば最後は併せ馬の形にしたかったのですが、抜け出すのが少し先だったので最後に差し返されてしまいました。この馬の力は見せてくれたと思いますが、着差がほとんどなかっただけに悔しいです」
 
5着 アプリコットフィズ 横山典弘騎手
「あの位置で前をつかまえられないのだから、仕方ないです。負けたといっても、そんなに差はないし、オークスでは自分の側で戦えるので頑張って欲しいです」

6着 シンメイフジ 岩田康誠騎手
「ゲートは大丈夫でした。今日は枠に泣きました」

8着 アニメイトバイオ 内田博幸騎手
「馬は落ち着いていて、流れにも乗れましたが、伸びませんでした。もっと切れると思ったのですが……。敗因がわかりません」

9着 コスモネモシン 石橋脩騎手
「スタートを上手にポンと出て、無理せずいい位置がとれました。しかし、いつもの脚が使えませんでした」

12着 タガノエリザベート 川田将雅騎手
「出てから2ハロンは行って、そこで抑えて欲しいと言われていましたが、抑えようとしたときに馬群が固まってしまい、苦しい形になりました。手応えよく直線に向きましたが、追い出してから伸び切れませんでした」

13着 プリンセスメモリー 勝浦正樹騎手
「大外枠ということもあったと思いますが、思ったよりもスムーズで道中もいい感じでした。ただ、今日はペースが遅くて、前の馬も止まってくれなかったのが厳しかったですね」

17着 ラナンキュラス 四位洋文騎手
「返し馬から元気がありませんでした。3コーナーから追っつけ通しでした。マイルならもっと楽に追走できるはずです」


PR






【高松宮記念】(中京)~キンシャサノキセキがハナ差しのぎ、初GI制覇
中京11Rの高松宮記念(4歳以上GI・芝1200m)は、1番人気キンシャサノキセキ(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6。ハナ差の2着に6番人気ビービーガルダンが、クビ差の3着に3番人気エーシンフォワードがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 キンシャサノキセキ 四位洋文騎手
「中京の直線は短いのですが、今日は長く感じられましたね。スタートもスムーズに出て、いい位置につけることができました。GIレースだけに馬がきっちりと仕上がっていて、手応えもよすぎるくらいでした。4コーナーを回って、うまく抜け出しすぎた感じはありましたが、よく頑張ってくれました」

2着 ビービーガルダン 安藤勝己騎手
「3番手で内から3頭分の馬場のいいところを通れましたが、4コーナーでは反応があまりよくありませんでした。外に逃げ気味で、右へ右へ向いていました。でも、短距離のトップクラスであることは間違いありません」

3着 エーシンフォワード 岩田康誠騎手
「馬体もコンディションもよく、1200mにも対応できました。直線に入ってどこを狙うか、一瞬判断に迷いましたが、真ん中をついていれば結果は違っていたかもしれません」

4着 サンカルロ 吉田豊騎手
「先週のように外差しのきく馬場だったらよかったのですが、結構乾いていて、今日は内側が頑張れる馬場になっていました」

5着 アルティマトゥーレ 横山典弘騎手
「ゲート内の駐立はよかったのですが、スタートを出てすぐに大きく躓きました。あの不利がありながら、よく来ましたね」




東京11Rの第27回フェブラリーステークス(GI、4歳上、ダート1600m)は道中2番手を進んだ1番人気エスポワールシチー(佐藤哲三騎手)が直線早め先頭から後続を突き放して優勝。勝ちタイムは1分34秒9(良)。2馬身半差2着に5番人気テスタマッタ、さらに3馬身半差で3着に2番人気サクセスブロッケンが入った。




~レース後のコメント~
1着 エスポワールシチー(佐藤哲騎手)
「去年、芝の部分があまり速くなかったので、今年は返し馬の段階から集中力を高めてうまく走れました。終わってみれば簡単でしたけど、やはり芝の部分のことは考えていました。ゴールして、強くなったなぁ、と思いました。正式に決まればですけど、ドバイへ行くことになれば、目標でもありましたし、頑張ってチャレンジしてきます」

2着 テスタマッタ(岩田騎手)
「枠も良かったし、少し掛かりましたけど、無理せず上手にコーナーも回れました。自信を持って臨みましたし、今日は馬を褒めてあげたい気持ちです。次に繋がる競馬でした。またGIを勝てる馬です」

(村山調教師)
「結果が出ましたし、頑張ってくれました。今日は相手が悪かったです」

3着 サクセスブロッケン(内田博騎手)
「無理をしていないし、ある程度馬任せに道中も運べました。でも相手が強かったです。何とか2着までは確保したかったです。勝ち馬も強いけど、2着馬も強かったですよ。自分の馬は力を出し切っています」

(藤原英昭調教師)
「4コーナーで、最後に叩き合いになるかなと思いましたけど、離されてしまいました。相手が強かったです。去年みたいな感じに持ち込みたいと考えていたのですが…。この後のことは未定です。オーナーと相談して決めます」

4着 ケイアイテンジン(四位騎手)
「前へ行くと味がなくなるので控えていったけど、砂を被ったことがありませんでしたから…。でもGIで4着だし、よく頑張ったと思います」

5着 グロリアスノア(小林慎騎手)
「もう少し流れると思ったんだけど…後ろのグループは団子状態になっていました。終いの伸びはしっかりしていただけに残念です」

7着 ローレルゲレイロ(昆調教師)
「エスポワールシチーに早めに来られて厳しい競馬になりましたけど、今日あれだけ頑張れたのですがダートでもやれるかなと感じました。次に繋がる競馬は出来たと思います。選ばれればドバイへ行くつもりですが、選ばれなければ高松宮記念に向かいます」

10着 リーチザクラウン(武豊騎手)
「ダートは大丈夫です。今日は相手が強かったです」

12着 レッドスパーダ(横山典騎手)
「ダートの走りは悪くありませんでした。ただ相手が強すぎました」




カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース