忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【中山グランドJ】(中山)~伏兵メルシーモンサンが大金星
中山11Rの中山グランドジャンプ(障害4歳以上GI・芝4250m)は、8番人気メルシーモンサン(高野容輔騎手)が勝利した。勝ちタイムは5分03秒5。クビ差の2着に5番人気オープンガーデンが、2馬身差の3着に2番人気トーワベガがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 メルシーモンサン 高野容輔騎手
「速い脚、切れる脚はない馬ですが、スタミナだけは負けないと思っていました。今日のような馬場もよかったと思うし、最後もどうかと思いましたが、よく頑張って伸びてくれました」

2着 オープンガーデン 江田勇亮騎手
「(この負けは)何とも言いようがありません。位置取りもよく、前回に久々を使って、リズムよく走っていたんですが……」

3着 トーワベガ 北沢伸也騎手
「馬場が悪すぎでした。最初のバンケットの下りで馬が自信をなくしてしまって、それでも向正面から強引に追っつけて行って、最終障害を飛んでからはまた伸びてくれました。こんな馬場でなければ、と思うと残念です」

4着 ドールリヴィエール 黒岩悠騎手
「去年よりついて行けたし、いい位置でレースはできたんですが……。頑張っているんですけど、良馬場の方がいい馬ですから、悔しいですね」

5着 トウカイポリシー 浜野谷憲尚騎手
「飛越は抜群でした。背負っている分、出たなりで位置取りは思ったより後ろになりましたが、勝ち馬とそれほど差のないところまで来ていますから、力をつけていますね」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース