忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【京都ハイジャンプ】(京都)~エーシンディーエスがレコードV

京都8Rの京都ハイジャンプ(障害4歳以上J・GII・芝3930m)は、5番人気エーシンディーエス(五十嵐雄祐騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分23秒1。4馬身差の2着に11番人気バトルブレーヴが、3馬身差の3着に3番人気テイエムハリアーがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 エーシンディーエス 五十嵐雄祐騎手
「前回、重賞を勝ったときのイメージで、折り合いに注意して乗りましたが、それでも少しかかりました。でも、馬をしっかり仕上げてくれていたので勝つことができました。京都が合っていたこともあると思います。バンケットもしっかり飛んでいました。枠もよかったので、逃げる馬を見ながら理想的な形のレースとなりました。まだ休み明けで、+14キロ。次はもっといい状態でレースができると思います」

2着 バトルブレーヴ 北沢伸也騎手
「今日はこの馬のレースができました。こういう良馬場もよかったと思います。トビの感じから、中山コースはあまり合わない気がします」

3着 テイエムハリアー 林満明騎手
「バンケットをすぎて、折り合いがつきましたが、正面に来てまた折り合いを欠いてしまいました。でも、この馬は走ってきます。京都も合っていると思います」

4着 エイシンボストン 西谷誠騎手
「勝ちパターンで4コーナー手前あたりでまとめてとらえられると思ったのですが……」

5着 ドールリヴィエール 黒岩悠騎手
「ペースが速くなる順回りだけのレースは、この馬にはどうかと思いましたが、タフなレースを続ける中で力のあるところは見せてくれました」

7着 テイエムトッパズレ 佐久間寛志騎手
「やはりこの馬は、どういうペースであれ、ハナに立っていかないといけませんね。今日は道中でハミをとらず、フワフワした感じで走っていました」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース