忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【京都新聞杯(GII)】(京都)~ゲシュタルトが巻き返し、重賞初制覇
京都10Rの京都新聞杯(GII、3歳オープン、芝2200m)は3番人気ゲシュタルト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒8(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気コスモファントムが、ハナ差の3着に1番人気レーヴドリアンがそれぞれ入線。




レース後のコメント

1着 ゲシュタルト 池添謙一騎手
「初騎乗でしたが調教で一度乗っていましたし、勝浦騎手からどういう馬か聞いて頭に入れていました。外目の枠ということもあり1コーナーに入る時は外を回る形になりましたが、向正面で他馬の後ろに入れることができて、落ち着いて走れました。早めに抜け出すと気を抜くところがあると聞いていたので、気をつけました。今日もそれほどきつい競馬ではありませんでしたし、ダービーまで順調にいって欲しいです」

2着 コスモファントム 松岡正海騎手
「休み明けの分少しイライラして、フットワークももうひとつという印象がありました。でもヴィクトワールピサとクビ差のレースをしている馬なので、このメンバー相手に力でねじ伏せる正攻法のレースをしようと思いました。ここを使って変わってくるでしょう」

3着 レーヴドリアン 藤岡佑介騎手
「今日はスッと出てくれましたし、終いも来てくれていますが、最後は首の上げ下げ。もう少しだったのですが・・・」

4着 メイショウウズシオ 飯田祐史騎手
「馬は力をつけていましたし、デキも絶好でした。他馬にぶつけられながらも我慢して走ってくれました。あとひと伸びというところでしたが、先々が楽しみになる内容でした」

6着 シルクアーネスト 松山弘平騎手
「横の馬と接触していたし、少し行きたがりました。それがなければもっとやれていたと思います。それでもさほど差のないところまできていますし、このクラスでもやれると思います」

8着 プレファシオ 幸英明騎手
「4コーナーでは手応えがあって伸びそうだったのですが、最後はジリっぽくなりました。手前も最後は替えませんでした。芝は悪くありませんよ」

9着 マコトヴォイジャー 安藤勝己騎手
「ブリンカーを外すと折り合いに問題がなくなる反面ハミを取らず、つけると掛かります。能力はありますが、口が硬い印象があります」

10着 アドマイヤタイシ 武幸四郎騎手
「子供っぽいですね。これからの馬です」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース