忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







【皐月賞(GI)】(中山)~ヴィクトワールピサ 内を突き抜け まず1冠
中山11Rの第70回皐月賞(GI、3歳、芝2000m)は1番人気ヴィクトワールピサ(岩田康誠騎手)が人気に応えて優勝。中団後方から徐々に進出し、直線最内をついて抜け出した。勝ちタイムは2分0秒8(稍重)。1馬身1/2差2着に後方から脚を伸ばした6番人気ヒルノダムール、さらにハナ差で3着に11番人気エイシンフラッシュが入った。



~レース後のコメント~
1着 ヴィクトワールピサ(岩田騎手)
「馬主さんに勝利をプレゼントしたかったですし、自分自身緊張していました。落とせないレースと思っていましたから、勝てて良かったです。前半のレースで芝の状態を見て、どこを通るかを考えていました。内は荒れていましたけど、外の方が水分を含んでいましたから、内を突きました。内1頭分のところを馬の力を信じて行きました。今までもこの馬のレースは見ていましたし、武豊騎手がよく仕込んでくれていました。大きいところを狙える馬ですから、無事にダービーに向かって欲しいです」

2着 ヒルノダムール(藤田騎手)
「4コーナーでブレーキを掛けることになり、直線しか満足に追えませんでした。それでもいいところまで来たのですから力を再認識しました」

3着 エイシンフラッシュ(内田博騎手)
「前にいた組は勝負に出てガチャガチャとやっていましたけど、僕の馬はその後ろで楽を出来ました。その分、最後の伸びに繋がりましたが、勝った馬は強いです」

4着 ローズキングダム(小牧騎手)
「一旦抜け出して勝てるかと思ったのですが…。道中厳しい競馬をした割によく頑張って走っています。あの位置で折り合えましたし、距離も問題ありませんでした」

5着 アリゼオ(横山典騎手)
「返し馬で普通に歩くことが出来ましたし、経験を積めばもっと良くなると思います。頑張っていますよ」

6着 リルダヴァル(福永騎手)
「イメージ通りの競馬は出来たと思います。最初に気負っていた分、最後に影響した感じです。パンパンの良馬場の方がいいタイプだと思いますが、大きくバテることなく頑張ってくれました」

11着 エイシンアポロン(池添騎手)
「折り合いもついてスムースな競馬は出来ましたが、手応えがなくなってしまいました。結果的に、もっと前で内を回ってキッチリ2000mを走るような競馬をすれば良かったと思います」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース