忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【フィリーズレビュー(GII)】(阪神)~サウンドバリアー 激戦制す
阪神11Rの桜花賞トライアル(3着まで優先出走権)、第44回フィリーズレビュー(GII、3歳牝馬、芝1400m)は、直線大外から脚を伸ばした9番人気サウンドバリアー(渡辺薫彦騎手)がゴール前の追い比べをハナ差制して優勝。勝ちタイムは1分22秒8(良)。2着に1番人気ラナンキュラス、さらにクビ差で3着に5番人気レディアルバローザが入り、上記3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。2番人気ラブミーチャンは12着。




~レース後のコメント~
1着 サウンドバリアー(渡辺騎手)
「折り合いに気をつけよう、と思って乗りました。いい感じで運べましたし、うまく外にも出せて、後は流れに乗るだけでした。直線も手応え通りいい切れ味を発揮してくれましたね。折り合いがつけられるので距離は延びても大丈夫です。しっかりためれば凄い脚を使ってくれます。本番も頑張りたいですね」

(安達調教師)
「心配していた折り合いはついていました。前走で乗った和田騎手が、前に馬を置いていれば好位にいても終いは弾ける、と言っていました。距離が延びても頑張って欲しいです」

2着 ラナンキュラス(四位騎手)
「ちょっと間隔が開いていましたし、1400mだったので少しズブいところがありました。本当ならもう少し追い出すのを待つのが良かったのですが、出し抜けされてしまってもいけないし、最低限権利は取らないといけないレースでしたからね。ただ、次に繋がるレースは出来たと思います」

3着 レディアルバローザ(和田騎手)
「ゴチャついて苦しい競馬になってしまいました。まだ力強さに欠けますが、レースでは頑張ってくれます。折り合いに気をつければ距離も大丈夫でしょう」

8着 カレンチャン(鮫島騎手)
「1400mなのでじっくりと乗りました。思ったよりもピリッとした脚が使えませんでした。調教ではピリッとした脚を使えるのですが…。今は、前でレースをした方が良さそうです」

12着 ラブミーチャン(浜口騎手)
「もう少しやれると思ったのですが、やはり芝でしょうか…。レース前はいつもより落ち着いていて、返し馬ではこれなら大丈夫かなと思いました。ただ、4コーナーでゴーサインを出してから、ダートならもうひと踏ん張り出来るのに、今日は踏ん張りが利きませんでした。応援してくれたファンの皆さんには申し訳なかったです。ラブミーチャンはまだまだ活躍出来る馬なのでこれからも応援して下さい。今後はオーナーとの話し合いになりますが、浦和の桜花賞(3月24日)を視野に入れています」
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース