忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【阪神大賞典(GII)】(阪神)~古豪トウカイトリック 久々の重賞2勝目
阪神11Rの第58回阪神大賞典(GII、4歳上、芝3000m)は5番人気トウカイトリック(藤田伸二騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分7秒3(良)。クビ差2着に4番人気ジャミール、さらにハナ差で3着に1番人気メイショウベルーガが入った。

トウカイトリックは栗東・野中賢二厩舎の8歳牡馬で、父エルコンドルパサー、母ズーナクア(母の父Silver Hawk)。通算成績は42戦8勝となった。



~レース後のコメント~
1着 トウカイトリック(藤田騎手)
「出たなりでレースを、とのことだったので、自分も3000mを楽しもうと思って乗りました。道中は追い通しでついて行くのに精一杯でしたが、よく勝ってくれました。頑張ってくれましたね。次が楽しみになりました」

2着 ジャミール(安藤勝騎手)
「もう少し前に行こうかとも考えたのですが、3000mですし、前に馬を置く形にしたかったので結果的にあの位置取りになりました。それでも最後まで伸びていますし、力をつけてきています。距離も問題ありません」

3着 メイショウベルーガ(池添騎手)
「自分のリズムで競馬は出来ました。4コーナー手前で手を動かしていましたが、それはいつものことですし、じりじりと伸びてくれています。この前はもっと切れ味を発揮してくれましたが、それは初距離だったこともあると思います。距離に関してはもう一度走ってみてからでしょうか」

4着 アサクサキングス(岩田騎手)
「伸びてはいるのですが、最後止まってしまいました。でも次に繋がると思います」

5着 ホクトスルタン(武豊騎手)
「マイペースで、いい感じで逃げられました。最後は上位との力の差が出た感じです」

6着 ドリームフライト(国分恭騎手)
「行けませんでしたが、自分で止めることなく頑張ってくれました。3~4コーナーで少しズブくなりましたが、直線ではまた反応してくれました」

14着 シグナリオ(三浦騎手)
「いい位置で運べて丁度いいペースと思いましたが、まだ重賞で距離が延びると厳しい面があったようです。でも自己条件で力をつけて行けば、いずれは戦える力はあると思います」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース