忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




【産経大阪杯(GII)】(阪神)~伏兵テイエムアンコールが制す

阪神10Rの第54回産経大阪杯(GII、4歳上、芝2000m)は6番人気テイエムアンコール(浜中俊騎手)が道中4番手から直線抜け出して優勝。勝ちタイムは1分59秒5(良)。3/4馬身差2着に9番人気ゴールデンダリア、さらにハナ差で3着に1番人気ドリームジャーニーが入った。



~レース後のコメント~
1着 テイエムアンコール(浜中騎手)
「道中いいところにつけられて、手応え通りよく頑張ってくれました。ペースが遅くなると思ったのである程度前に出して行くことも考えていました。直線狭いところからよく伸びてくれて、最後までよく耐えてくれました。力をつけてきているので、この先もこういう一線級で戦えるように頑張って欲しいです」

2着 ゴールデンダリア(幸騎手)
「急な乗り替わりでしたが、癖もなく乗りやすい馬でした。直線では一瞬いけるかという手応えでした。差のないレースでしたし、次が楽しみなのではないでしょうか」

3着 ドリームジャーニー(池添騎手)
「斤量を言い訳にはしたくないのですが、58キロの時と比べて3~4コーナーの反応が違いました。普通なら持ったまま上がって行く馬なのですが…。ただ馬は良くなっています。力があるところは見せてくれました。でも結果を出さなくてはいけませんね」

4着 フィールドベアー(秋山騎手)
「やはり中距離が向いていますね。最後までよく伸びてくれていますし、次に繋がってくれればと思います」

5着 タスカータソルテ(松田騎手)
「いいレースは出来ましたが、最後の坂で止まった感じです」

6着 ホッコーパドゥシャ(鮫島騎手)
「少し道中モタつくのはいつものことですが、出来ればポジションを1つ前でレースをしたかったですね。ラスト200mでようやくエンジンが掛かった感じでした。そこからはよく伸びています。馬は良くなっています」

8着 シェーンヴァルト(北村友騎手)
「今日は脚をタメる競馬をしようと思っていましたが、それにしても反応がよくありませんでした。ジリジリとしか差が詰まりませんでした」

10着 サンライズベガ(和田騎手)
「いいところにつけられましたが、内からぶつけられて馬が怯んでしまいました」
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース