忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【阪神牝馬S】(阪神)~アイアムカミノマゴが2馬身差の快勝
阪神10Rの阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1400m)は、9番人気アイアムカミノマゴ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2。2馬身差の2着に5番人気プロヴィナージュが、半馬身差の3着に10番人気カノヤザクラがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 アイアムカミノマゴ 秋山真一郎騎手
「強かったですね。いい手応えで直線に向かって、前が開いたらいい脚を使ってくれました。以前、馬を見ていたときは少しやんちゃなイメージがありましたが、乗ってみたらクセもなく、おとなしい馬でした。このまま順調にいけばいいですね。今年も重賞を勝ててよかったです」

2着 プロヴィナージュ 佐藤哲三騎手
「今日は思ったよりもポジションを取ることができました。去年秋のイメージを消して、調教で意識していたことが実践できました。今回は試練の1400mで、賞金も加算できました。充実期を向かえているのかもしれません」

3着 カノヤザクラ 小牧太騎手
「スタートが決まったことが大きいですね。いい位置でレースができました。本当ならあそこから差し切るんですが……。使いつつでしょうか」

4着 ブロードストリート 藤田伸二騎手
「だいぶよくなってきています。まだ良化の途中ですし、次が楽しみになってきました」

6着 ラドラーダ 安藤勝己騎手
「反応がもうひとつよくありませんでした。ジワジワ来てはいるのですが。1400mならもう少し前に行った方がいいかもしれません」

9着 ワンカラット 藤岡佑介騎手
「行きっぷりが全然よくありませんでした。終いはさすがの脚でしたが、それでも脚色が一緒になってしまいました。今回は急仕上げの感もありましたし、これを使って本番でよくなってくれるといいですね」

13着 ヒカルアマランサス 内田博幸騎手
「この馬には1400mは忙しい印象を持ちました。もう少し長い方がよさそうです」

14着 ストリートスタイル 浜中俊騎手
「ゲートでうるさかったし、出遅れて流れに乗れませんでした」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース