忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







【ドバイWC】グロリアデカンペオンが際どく逃げ切り昨年2着の借りを返す

ドバイWC(AW2000m)は現地時間27日、UAEドバイのメイダン競馬場で行われ、ブラジル生まれのフランス調教馬グロリアデカンペオンが、ハナに立ってスローペースに落とし、リザーズデザイアの猛追をハナ差しのいで優勝した。勝ち時計は2分3秒83。さらに短頭差の3着にはアリーバーが入線し、日本のレッドディザイア(松永幹夫調教師)は、中団追走から反応できず11着に完敗した。

レッドディザイアはスタートを決めると、スローペースを見越して好位の直後につける。レースはグロリアデカンペオンを先頭に団子状態で展開し、終始包まれる形になったレッドディザイアは力みの目立つ道中。4コーナー手前のペースが上がった所で、馬群の切れ目から外に持ち出され、直線に向かって追撃を開始した。しかし、ゴーサインを受けても前哨戦のような爆発力はなく、一瞬だけ伸びかかってあえなく失速。最後は余力なくゴールした。

グロリアデカンペオンがハナに向かうと他に主張する馬はなく、1コーナーで早くもペースが落ち着く。背後をアリーバー、外をアモルデポレが固め、その後ろもモール状態での追走。グロリアデカンペオンはマイペースを守って4コーナーから加速し、直線に入ると一気のスパートで逃げ込みを狙う。背後からアリーバーが追い掛け、馬群の後方から中を割ってリザーズデザイアも猛追。その差は見る見る詰まっていき、グロリアデカンペオンとリザーズデザイアが鼻面をそろえてゴール。グロリアデカンペオンの鼻先がわずかに残っていた。

【C.スミヨン騎手のコメント】
「(レッドディザイアが)日本でどんな競馬をしているか知らないから比較はできないけど、パドックで少し興奮していた。スタートからハミを取ったわけではないけど、他の馬に寄られて行きたがってしまった。直線でエンジンがかかり始めた時に外の馬がヨレてぶつかり、それを気にして抜け出せなかった。前走で負かした馬たちが(レッドディザイアに)先着した意味が解らない。色々なレースで色々な名馬に乗ってきたから、レッドディザイアが素晴らしい馬だということは解っているだけに、この結果は残念」

【松永幹夫調教師のコメント】
「前走もスローでしたが、折り合いはついていました。今回もスローだったのですが、道中力んでハミをかんでしまいました。その分、最後で伸びませんでした。今後については帰国してから考えます」


PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース