忍者ブログ
レースの興奮と感動、絶叫と悲鳴が頂点に達する奇跡の瞬間、写真判定。 JRA重賞レースを中心に記録します。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【中山グランドJ】(中山)~伏兵メルシーモンサンが大金星
中山11Rの中山グランドジャンプ(障害4歳以上GI・芝4250m)は、8番人気メルシーモンサン(高野容輔騎手)が勝利した。勝ちタイムは5分03秒5。クビ差の2着に5番人気オープンガーデンが、2馬身差の3着に2番人気トーワベガがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 メルシーモンサン 高野容輔騎手
「速い脚、切れる脚はない馬ですが、スタミナだけは負けないと思っていました。今日のような馬場もよかったと思うし、最後もどうかと思いましたが、よく頑張って伸びてくれました」

2着 オープンガーデン 江田勇亮騎手
「(この負けは)何とも言いようがありません。位置取りもよく、前回に久々を使って、リズムよく走っていたんですが……」

3着 トーワベガ 北沢伸也騎手
「馬場が悪すぎでした。最初のバンケットの下りで馬が自信をなくしてしまって、それでも向正面から強引に追っつけて行って、最終障害を飛んでからはまた伸びてくれました。こんな馬場でなければ、と思うと残念です」

4着 ドールリヴィエール 黒岩悠騎手
「去年よりついて行けたし、いい位置でレースはできたんですが……。頑張っているんですけど、良馬場の方がいい馬ですから、悔しいですね」

5着 トウカイポリシー 浜野谷憲尚騎手
「飛越は抜群でした。背負っている分、出たなりで位置取りは思ったより後ろになりましたが、勝ち馬とそれほど差のないところまで来ていますから、力をつけていますね」


PR




【桜花賞】(阪神)~2歳女王アパパネが桜花賞を制し、GI2勝目
阪神10Rの桜花賞(3歳GI・牝馬・芝1600m)は、1番人気アパパネ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3。半馬身差の2着に3番人気オウケンサクラが、クビ差の3着に11番人気エーシンリターンズがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 アパパネ 蛯名正義騎手
「ゴール前はヒヤヒヤしました。最後は内外はなれていましたが、頑張ってくれました。前のレースもタイムが速かったですし、この馬場状態ならある程度いい位置で流れに乗らないと、と思っていました。その通り好位から理想的な競馬ができました。前哨戦で2着に負けていましたし、今日はチャレンジャーの気持ちで乗りました。(9回目の挑戦で桜花賞初制覇について)ずっと欲しかったタイトルですし、本当に嬉しいですね。とても素直な馬ですし、これからも活躍していって欲しいと思います。これからもチャンピオンとして新しい目標に向かって頑張りたいですね」

2着 オウケンサクラ 安藤勝己騎手
「スタートが上手いので、ハナに行く形になりました。前のレースを見ていて、バテないタイプと思っていました。いい流れでしたが、渋いタイプで切れない分、差されてしまいました。勝ち馬も上手く乗っていましたね」

3着 エーシンリターンズ 福永祐一騎手
「できれば最後は併せ馬の形にしたかったのですが、抜け出すのが少し先だったので最後に差し返されてしまいました。この馬の力は見せてくれたと思いますが、着差がほとんどなかっただけに悔しいです」
 
5着 アプリコットフィズ 横山典弘騎手
「あの位置で前をつかまえられないのだから、仕方ないです。負けたといっても、そんなに差はないし、オークスでは自分の側で戦えるので頑張って欲しいです」

6着 シンメイフジ 岩田康誠騎手
「ゲートは大丈夫でした。今日は枠に泣きました」

8着 アニメイトバイオ 内田博幸騎手
「馬は落ち着いていて、流れにも乗れましたが、伸びませんでした。もっと切れると思ったのですが……。敗因がわかりません」

9着 コスモネモシン 石橋脩騎手
「スタートを上手にポンと出て、無理せずいい位置がとれました。しかし、いつもの脚が使えませんでした」

12着 タガノエリザベート 川田将雅騎手
「出てから2ハロンは行って、そこで抑えて欲しいと言われていましたが、抑えようとしたときに馬群が固まってしまい、苦しい形になりました。手応えよく直線に向きましたが、追い出してから伸び切れませんでした」

13着 プリンセスメモリー 勝浦正樹騎手
「大外枠ということもあったと思いますが、思ったよりもスムーズで道中もいい感じでした。ただ、今日はペースが遅くて、前の馬も止まってくれなかったのが厳しかったですね」

17着 ラナンキュラス 四位洋文騎手
「返し馬から元気がありませんでした。3コーナーから追っつけ通しでした。マイルならもっと楽に追走できるはずです」






【阪神牝馬S】(阪神)~アイアムカミノマゴが2馬身差の快勝
阪神10Rの阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1400m)は、9番人気アイアムカミノマゴ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2。2馬身差の2着に5番人気プロヴィナージュが、半馬身差の3着に10番人気カノヤザクラがそれぞれ入線。




レース後のコメント
1着 アイアムカミノマゴ 秋山真一郎騎手
「強かったですね。いい手応えで直線に向かって、前が開いたらいい脚を使ってくれました。以前、馬を見ていたときは少しやんちゃなイメージがありましたが、乗ってみたらクセもなく、おとなしい馬でした。このまま順調にいけばいいですね。今年も重賞を勝ててよかったです」

2着 プロヴィナージュ 佐藤哲三騎手
「今日は思ったよりもポジションを取ることができました。去年秋のイメージを消して、調教で意識していたことが実践できました。今回は試練の1400mで、賞金も加算できました。充実期を向かえているのかもしれません」

3着 カノヤザクラ 小牧太騎手
「スタートが決まったことが大きいですね。いい位置でレースができました。本当ならあそこから差し切るんですが……。使いつつでしょうか」

4着 ブロードストリート 藤田伸二騎手
「だいぶよくなってきています。まだ良化の途中ですし、次が楽しみになってきました」

6着 ラドラーダ 安藤勝己騎手
「反応がもうひとつよくありませんでした。ジワジワ来てはいるのですが。1400mならもう少し前に行った方がいいかもしれません」

9着 ワンカラット 藤岡佑介騎手
「行きっぷりが全然よくありませんでした。終いはさすがの脚でしたが、それでも脚色が一緒になってしまいました。今回は急仕上げの感もありましたし、これを使って本番でよくなってくれるといいですね」

13着 ヒカルアマランサス 内田博幸騎手
「この馬には1400mは忙しい印象を持ちました。もう少し長い方がよさそうです」

14着 ストリートスタイル 浜中俊騎手
「ゲートでうるさかったし、出遅れて流れに乗れませんでした」





【産経大阪杯(GII)】(阪神)~伏兵テイエムアンコールが制す

阪神10Rの第54回産経大阪杯(GII、4歳上、芝2000m)は6番人気テイエムアンコール(浜中俊騎手)が道中4番手から直線抜け出して優勝。勝ちタイムは1分59秒5(良)。3/4馬身差2着に9番人気ゴールデンダリア、さらにハナ差で3着に1番人気ドリームジャーニーが入った。



~レース後のコメント~
1着 テイエムアンコール(浜中騎手)
「道中いいところにつけられて、手応え通りよく頑張ってくれました。ペースが遅くなると思ったのである程度前に出して行くことも考えていました。直線狭いところからよく伸びてくれて、最後までよく耐えてくれました。力をつけてきているので、この先もこういう一線級で戦えるように頑張って欲しいです」

2着 ゴールデンダリア(幸騎手)
「急な乗り替わりでしたが、癖もなく乗りやすい馬でした。直線では一瞬いけるかという手応えでした。差のないレースでしたし、次が楽しみなのではないでしょうか」

3着 ドリームジャーニー(池添騎手)
「斤量を言い訳にはしたくないのですが、58キロの時と比べて3~4コーナーの反応が違いました。普通なら持ったまま上がって行く馬なのですが…。ただ馬は良くなっています。力があるところは見せてくれました。でも結果を出さなくてはいけませんね」

4着 フィールドベアー(秋山騎手)
「やはり中距離が向いていますね。最後までよく伸びてくれていますし、次に繋がってくれればと思います」

5着 タスカータソルテ(松田騎手)
「いいレースは出来ましたが、最後の坂で止まった感じです」

6着 ホッコーパドゥシャ(鮫島騎手)
「少し道中モタつくのはいつものことですが、出来ればポジションを1つ前でレースをしたかったですね。ラスト200mでようやくエンジンが掛かった感じでした。そこからはよく伸びています。馬は良くなっています」

8着 シェーンヴァルト(北村友騎手)
「今日は脚をタメる競馬をしようと思っていましたが、それにしても反応がよくありませんでした。ジリジリとしか差が詰まりませんでした」

10着 サンライズベガ(和田騎手)
「いいところにつけられましたが、内からぶつけられて馬が怯んでしまいました」


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カウンター
プロフィール
HN:
ドン・ガバチョ
性別:
男性
自己紹介:
写真判定は奇跡の瞬間。
そこにあるのは絶叫と悲鳴。
これぞ競馬の真髄。
ウマニティにも潜んでます。
最新CM
忍者ブログ | [PR]
戦う時期と方法
異常投票馬最終兵器
Victory Odds

独自の異常投票・勝負度合い理論を詰め込んだ
異常投票馬専用ソフト。
お勧め競馬書籍
ウェザーニュース